カロリーを計算できる自分になることで…

カロリーを計算できる自分になることで、外に出て食べでも、これはこのくらいの分量まで!と判断できます。
常日頃から、カロリーをだいたいでもいいから計算できる自分になっておくことです。
昼のお弁当なんかでも、介護職ぐらいになると、いろんな食材が使われていても、550キロカロリーとか、600キロカロリーとか、そんな物なので、ずいぶん一食分としてはカロリーは低いです。
普通に若い人が食べるカロリーは、1200くらいなので、老人食を見習って食べていたらきっと痩せられます。
あとは、堅い物をしっかり食べることです。

ご飯が好きな人はお粥にしてかさを増したようにして、少しずつ口に含んだようにして食べるとか、お餅は一個だけにするとか、工夫しないと、白いご飯なんかはついついおいしいからって、たくさん食べていたら絶対にやせることは出来ません。
美容の大敵は肥満ですから、まず、ここにポイントを当てて、集中的にやります。

少しでも痩せられたら、続けていこう!っていう気持ちが出てくるので、これから先もずっと頑張れるように自分でノートをつけたりして、その日の事を何かに記録しておくといいかもしれません。

食べる時に、すぐに口にしないで、バランスがとれているかどうかをよく見てチェックし、このくらいなら何時までもつとか、自分で判断して、寝るときにはさっさと寝るようにします。

飲料にコーラとか、炭酸水とか、嗜好品が多い人は麦茶に変えます。
ダイエットの時には、体を作る栄養が必要なので、カフェインの多いコーヒーとか紅茶とかも控えるようにします。
空(す)きっ腹の時には、水をのんで、マヨネーズを少し口にするくらいで、胃袋は落ち着きます。
あんまり空きっ腹にばっかりすると、今度は1日3リットルも出る胃酸に負けるので、胃の壁に穴があきます。
ここら辺も良く注意しながら頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です